スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

30歳を迎えて

JUGEMテーマ:夫婦生活

 

こんにちは、久し振りのブログになります。

今日は私の30回目の誕生日です。

やはり節目の一つといいますか、なんだか普段の誕生日よりもワクワクしています。

 

十代の頃は三十路に異様に嫌悪を持っていた気がします。

もう若くないとか、なんか大変そうとか、漠然とよく分かってもいないのに不安を覚えていました。

しかし実際はどうでしょう。

子供の頃は大人がとても大きく素晴らしい存在に見えていた気がします。

いざ自分が大人になると、そう簡単に精神年齢は上がらないし、気持ちは子供のままから変わっている気がしないではありませんか。

 

そんな中、私の20代を幸せで彩ってくれた旦那が側にいる。

30代になってみて、20代と変わらないどころか、もっともっと素晴らしい日々が続くという期待で占められています。

まさかこんな気持ちで30歳を迎えられるなんて、10代の私は思っていたでしょうか。

旦那と出逢ってからは右肩上がりで幸せが増えています。

これから先、どこかでそのゲージが落ちるのではないかという不安が全くないというのが驚きです。

 

特に年齢を隠しているつもりはなく、質問されれば普通に年齢を答えていたのですが、ちらほら驚いたコメントを頂きました。

現在私が30歳で旦那が34歳です。旦那の誕生日が6月1日で、8月2日までの約二ヶ月間だけ5歳差だという理由で直接会ったのがそもそものきっかけですね。

メル友になった時点でゲーム以外の趣味を聞いて、麻雀かなぁ?と言われたのをきっかけに覚えた麻雀でも漫画のお仕事が頂けています。

実録で単行本が出る事になったのも、旦那と出逢っていなければ起きていない事です。

出会った当時24歳からの私の人生は全て旦那ありきで進んでいます。

福の神っているんだなぁ…ってレベルですね。

 

それだけでなく、描くネタはあったとしても、私が自由に漫画を描ける環境でなければ、そもそもこの出来事が世にでる事もありませんでした。旦那が私に創作の時間を存分に与えてくれた事も全てに繋がっています。

 

旦那も私もここぞという時に強運だと自負しています。

その2人が一緒になったことで、旦那のここぞと私のここぞが重なって更に運が強まっているように思います。

その時その時は何気ない選択でも、私のように大きな変化が生まれることがあります。

どこかの点が線で繋がった時に本当にこの人と出会えて良かったと再確認することが多いです。

そういう相手に出会えた事も私の何気ない普段しない行動、旦那の何気ない普段しない行動でした。

旦那とお互いの行動を振り返ってみると本当に沢山の奇跡が起きていると実感します。

意外と見逃しがちですが、そういう部分を見つける作業も楽しいです。

近場で起きた事故など実感しやすいのではないでしょうか。少しでもズレていたら死んでいた?など、実は私も、僕も、すごい奇跡が起きていたのでは!?と思えるだけでも自分が特別になった気がして、少しだけワクワクします。

こういう気持ちの積み重ねも日常の幸せに大切だと私は感じています。

 

これからの30代も、40代になってまた「絶対これからも楽しい!」と思えるような生活になるよう、これからもこれまで以上に旦那を大切にしたいと思います。

 

ツイッターでの沢山の誕生日祝いのお言葉ありがとうございます!

これからも旦那との惚気に付き合って頂ければ幸いです。

ではでは。

スポンサーサイト

コメント